ゲーミングデバイス一覧

PS4やXBOXでFPSをプレイしていて、「もしかしたらPCのほうがFPSは面白いのではないのか」と気付きました。PS4やXBOXでプレイできるFPSは限られています。人気作はCoDとBFくらいです。CS:GOやAVAなどはPC専用ですし、BF4で世界大会があるのはPCだけです。PCでFPSをプレイしている友人に聞いてみると、「パッドでFPSとかありえないから」と馬鹿にされました。確かに一瞬で勝負がつくFPSでパッドは不利です。瞬時に振り向けるマウスの操作のほうが高度なプレイができることは確かでしょう。FPSが好きで、ガチ勢な自分としてはFPSのために「俺のゲーミングPC」のサイトを参考にしてゲーミングパソコンを買うことを決意しました。

そこでゲーミングパソコン人気ランキングからおすすめデスクトップを購入したのは良いのですが、それだけでは足りません。ゲーミングデバイスが必要です。ではFPS用のゲーミングデバイスにはどんなものがあるかを調べました。

ゲーミングマウス

マウスがなければ話になりません。ゲーミングパソコンに付属しているマウスにもサイドボタンが付いていたりとそれなりに高機能ですが、根本的な性能や使いやすさを考えると、自分の手に合ったゲーミングマウスを使うべきでしょう。ゲーミングマウスのメーカーはRazerやSteelSeriesやLogicookが人気です。自分が手が小さいのでRazerを選びました。Logicoolはちょっと大きすぎます。

マウスパッド

ゲーミングマウスをしっかり操作するためにはマウスパッドが欠かせません。机の上にマウスを置いて操作したのでは、滑らかに動かせません。すぐに汚れて滑りが悪くなるのも問題です。マウスパッドには布とそれ以外の素材があります。調べてみるとプラスチック、合成樹脂、ガラスなどがありましたが、どれもガチャガチャと五月蝿そうなので布にしました。布だと一覧有名なのがSteelSeries QCKです。大きさがちょうどよく、布の中でかなり滑る方です。これは買って本当に良かったと想います。

ゲーミングキーボード

マウスと同じくらい大切なのがキーボードです。最初はゲーミングパソコンに付いているキーボードを使っていましたが、FPSでは不利に感じることがありました。というのも、同時押しに対応していなかったのです。少なくともWASD周りの同時押しに対応していないと、思ったように動けないのでFPSには不向きです。でもどうせならすべてのキーの同時押しに対応しているキーボードが欲しかったので、東プレのRealForceにしました。ゲーミングキーボードではなく業務用という位置付けですが、FPSゲーマーに人気があります。耐久性も抜群でキーが磨り減ったり、押し心地が変わったりすることがないので気に入っています。

ヘッドセット

FPSで音はとても大切です。足音がどこから聞こえたのか、銃声はどこで鳴ったのかを判断して、敵の位置を予測しないと安定して勝てないからです。最初は高性能なヘッドホンを買おうかと思っていました。でもスカイプやマンブルでボイスチャットをしながらプレイするのがクラン戦のセオリーです。むしろそこまでやらないとFPSでは勝てません。ゲーミングヘッドセットはいくつも種類があって、どれが良いのか迷いましたが、結局友人が使っているRazerの製品にしました。

マウスソール

上記のゲーミングデバイスはFPSゲーマーにとって常識とも言えるものばかりでした。誰でも揃えているレベルです。しかし私はさらに有利に快適にしたいためにマウスソールを買いました。必要かどうかは微妙なラインですが、マウスを長く使っていると裏側に付いているソールが確実に摩耗します。摩耗すると滑りが悪くなります。だから定期的にマウスソールを張り替えたほうが良いのです。メーカー純正ではなくマウスソール専用メーカーも存在します。そちらのほうがずっと滑りますね。有名なゲーミングマウスなら絶対に専用のマウスソールが売っているので、かなりおすすめです。プロゲーマーの中には毎日マウスソールを張り替える人もいるそうです。FPSのガチ勢ならマウスソールにもこだわることをおすすめします。