ノートパソコンの「無線」機能

最近のノートパソコンのほとんどが、標準で無線LANの機能を備えています。LANケーブルに接続しなくてもインターネットにアクセスできるようになり、ケーブルを這わす煩わしさから解放されます。ケーブルの届かない部屋や外出先などでもパソコンを利用できるため、現在では必須の機能として定着しています。

無線LANによる通信速度も向上しています。これまで一般的に利用されてきた規格は「IEEE802.11b」。屋外の無線LANスポットなどでも採用される規格として普及したものの、通信速度は8Mbpsと物足りなさがありました。これを解消するために登場したのが「IEEE802.11g」です。IEEE802.11bと周波数帯の異なるIEEE802.11aと互換があり、通信速度は54Mbpsに高まっています。

しかし最近はさらに高速な規格が登場しています。それが「IEEE802.11n」です。これまで登場した11bや11gと互換がありつつ、通信速度は一気に300Mbpsとなっています。もちろん理論値ですが、インターネットやメールはもとより動画を視聴するにも不自由ない速度といえます。例えばWiMAXもこの辺りの通信規格で利用できます。WiMAXはノートパソコンだけでなくiPhone制限なしでも使えることから人気が急上昇しています。iPhoneキャリアは規制が厳しいので当然の流れでしょう。

一方、無線LANとは異なる機能として、Bluetoothもノートパソコンには標準的に装備されています。これはインターネットと接続するための規格ではなく、パソコン周辺で使用する機器との接続を想定したものです。マウスやキーボード、スピーカーなどをケーブルレスで接続できるようにします。最近はスマートフォンにも搭載しており、無線でキーボードやヘッドフォンなどを接続する規格として定着しています。